Loading....
最近の投稿:

Article

キーワードの分離~データ設定編~

今回は、前回ご紹介した改造の
運用方法をご紹介します。

これは、検索用キーワードを
テキストエディタを用いて修正し、
FTPツールでサーバーに
アップロードする方法です。

修正はそんなに大変じゃないので、
テキストエディタ/FTPツールの
使用に慣れている方には
便利な方法だと思います。

テキストエディタ等に慣れてなく、
管理者画面から入力したいという方は
次回の設定部分の改造をお待ち下さい。

ではまず、データ構造の説明からします。

アラジンでは、カテゴリー、
サブカテゴリーのキーワードデータを
「subject\mainCategory.php」に
配列変数の形で格納しています。

カテゴリーのキーワードは
「$mainCategory」という変数に
一次元配列の形で、
サブカテゴリーのキーワードは
「$subCategory」に二次元配列の形で
格納しています。

例えば、カテゴリーに「お米」、
サブカテゴリーで「こしひかり」、
「あきたこまち」、「ひとめぼれ」とか
設定すると、こんな感じのデータになります。

カテゴリー:

$mainCategory=array(
'お米',

);

サブカテゴリー:

$subCategory=array(
array("こしひかり","あきたこまち","ひとめぼれ"),

);

カテゴリー用の“$mainCategory”変数のデータ一行と
サブカテゴリー用の“$subCategory”変数のデータ一行が
対応します。
この対応は順番で関連しています。

前回の改造方法では、
これらのデータはそのままにしておき、
新たにカテゴリー用検索キーワード変数「$mainCategory4S」と
サブカテゴリー用検索キーワード変数「$subCategory4S」を
このファイルに新規追加して、上記キーワードをキーとした
連想配列の形で検索用キーワードを用意します。

つまり例えば、上記キーワードの内、
「お米」と「ひとめぼれ」に対して、
検索用に「お米 栽培米」、「ひとめぼれ 栽培米」という
キーワードを設定したい時には、下記のようなデータを
「subject\mainCategory.php」ファイルに
追加してやります。

カテゴリー用検索キーワード:

$mainCategory4S=array(
'お米'=>'米 栽培米'
);

サブカテゴリー用検索キーワード:

$subCategory4S=array(
'ひとめぼれ' => 'ひとめぼれ 栽培米'
);

※ファイルの末尾にある「?>」の
前の行に追加して下さい。
間違ってもその後ろに追加しないで下さい。

※日本語を含んでいるファイルは
必ずutf-8で保存するのを忘れないで下さい。

説明が前後しますが、
これらは連想配列といいまして、
乱暴に言ってしまうと、
「山」と言ったら「川」という
暗号の様なものです。
(注)本当に乱暴です。

なので、上の例では、
$mainCategory4S変数に「お米」と訊くと
「お米 栽培米」と返ってくると思って下さい。
ちなみにこの場合の「お米」を“キー”、
「お米 栽培米」を“値”とPHPでは呼びます。

簡単に前回改造したプログラムの流れを説明すると、
カテゴリーなり、サブカテゴリーなりで
検索用キーワードを設定する直前で、
本来のキーワード(表示用)を使って、
追加した変数に問い合わせます。

そして、もし答えが返ってきたら、
その答えを検索用に設定し、
答えが無かった場合は、元々のキーワードを
使用するといった具合です。

私は実際のサイトの画面と
楽天の検索画面を見ながら、
「subject\mainCategory.php」ファイルを
テキストエディタで修正し、ftpでアップして
検索結果を確認するといった作業をしています。
この場合、管理者画面で設定を繰り返すよりも
簡単だと思いますので、慣れている方には
こちらの方法をお薦めします。

では、判りにくいところなどあったら、
気軽に質問して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ参加しました。
応援も宜しくお願いします。


Comments (No comments)

What do you think?

判らないphp命令やhtmlタグ等をここでお調べ下さい。

カスタム検索

緊急告知

本サイトより【アラジン】をご購入頂いた方は、お手数ですが下記アドレスまでメールを頂けないでしょうか。

サポート用メールアドレスのご連絡と、今後大規模改造が完成した際にはご連絡させて頂きます。

※メールには必ずInfotopからの購入完了メールに記載されている【注文ID】をご記載下さい。

chikamao@u3g.biz

QLOOKアクセス解析